スッキリで紹介のおばけが出るホテル!!!(+o+)

大分県のはちまんの郷 宇佐。

http://web04.reserve-system.com/members/usa/plan/all.html?condition_nodate=1#a_plan_list_0027
ここで冬になると面白い企画を行っていると紹介されていました。

寒い冬になんでおばけなの?と思ったのですが、
これには理由があるそうです。



冬になると、ホテルの利用者が少なくなる悩みを解消するために、
支配人がお化け屋敷などをプロデュ―スする「おばけん」に依頼して実現したらしい。

お化けが出るホテルとして、話題になっているということで、
スッキリの大竹リポーターが体験していました。

参加者は、赤いたすきをかけて、さまざまなミッションにチャレンジ。
たすきを切られたら終了ということになっているそうです。
ゾンビやおばけ、従業員のさまざまな演出などを乗り越えて、
ミッションをクリアしていくゲームのような演出になっていました。

本物のホテル全体を使ってこんな体験ができるって、なかなかないので、
人気を集めているのでしょうね。
取材日は100人くらいの方が参加していました。

真っ暗なホテルの駐車場や敷地のあちこちにゾンビが隠れていて、
なかなか怖そうでしたよ~~~(+o+)
バスの中にまでゾンビがいて、これは若者に人気になりそう^^

野外でのミッションが終わるとみんなで食事も。

食事にも恐怖を演出してあり、
ガイコツのポテトサラダや豚の顔などのメニューが並んでいた。

ろうそくの炎の中で、食べる食事もなかなか凝った演出でしたよ。

そのあとは、室内でのミッション。
まさにお化け屋敷を体験していくという感じです。
ホテル全体を使ってお化け屋敷をするというのが、凄く楽しいらしく、
参加者は凄く喜んでいた様子でしたね~。

子供の頃、肝試しってよくやっていましたが、
まさに子供の遊びを大人が体験しているみたいで楽しそう~(^O^)
これ、かなりワクワクしそうですよ~~~♪

閑散期の話題集めになる面白い企画ですね。
同じホテルを利用するにしても、
こういう面白い企画で人気を集めるというのは、
新しい試みですね。

魅せ方で、人気を集めるというのは、
これからのいろいろなビジネスシーンで応用できそうですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加